全日本柳人写真名鑑 平成二十五年版

目 次

全日本柳人写真名鑑 平成二十五年版

社団法人全日本川柳協会・編
平成25年 3月31日発行
A5判 192頁
印刷所 美研アート
定価 4,000円

1.あいさつ 大野風柳
2.私の一句
3.全日本川柳大会受賞句
4.国民文化祭文芸大会受賞句
5.全日本川柳誌上大会受賞句
6.名鑑参加人員
7.全日本柳人写真名鑑
8.名鑑索引
9.加盟柳社名簿
10.あとがき


あいさつ

社団法人全日本川柳協会 会長 大野風柳

社団法人全日本川柳協会
会長 大野風柳

 昭和四十九年十二月一日に、名古屋市観光会館で日本川柳協会の創立総会が開かれ、片山雲雀初代理事長でスタート。これは昭和の六大家が亡くなられた後、関東、関西がひとつとなっての出発でありました。
 そして、平成四年六月三日に社団法人全日本川柳協会として認可され、初代会長・仲川たけし氏のご努力と、全国の川柳社がこぞって参加した熱意があったればこそと思います。その後、二代目会長・吉岡龍城、三代目会長・今川乱魚両先輩の努力により今日に至っております。
 『全日本柳人写真名鑑』は社団法人の認可の翌年に刊行され、以後五年目毎に発行されて今回で五冊目となります。しかも、今年の四月から一般社団法人全日本川柳協会として、新しいスタートを切ります。この二十年の歴史を大切に、一般社団法人として、全日本の川柳の発展と川柳の文芸性の向上、更に一般社会への進出をこれからも励みたいと思っております。
 この名鑑に参加された方々は、先輩後輩にかかわらず、同じ川柳に親しむ者として作品を発表されております。人間を詠う文芸、それが川柳であります。こんなすばらしいものはありません。私も六十余年川柳と共に歩いて参りました。そして今、これ程わが人生に充実感を与えてくれた川柳に心から感謝をいたしております。
 川柳によって学んだもの、川柳と共に楽しんだこと、川柳を通してすばらしい師と多くの友人を得たこと、私は幸せものだったと喜んでおります。
 さて、これから五年後の写真名鑑を考えますと、どうしても若い人たちにこの川柳から得た喜びや感動を伝えなければなりません。これは今、川柳に関わっている人たちの共通した大きな責任ではないでしょうか。江戸時代から二五〇余年、引き継がれて来た、この川柳が持つ喜びを次の時代の人たちに引き渡してゆかねばならない責任を感じております。
 この一冊の全日本柳人写真名鑑に参加された方々に、そして編集・発刊にご協力いただいた方々に厚くお礼を申しあげます。

▲このページのトップへ