平成柳多留第1集

目 次

平成柳多留第1集

社団法人 全日本川柳協会・編
平成 6年 4月15日発行
A5判 96頁
印刷所 亜細亜印刷株式会社
1,000円

序文 仲川たけし
誌上大会参加作品
誌上大会 入選句
年度賞作品
参加者名簿
あとがき


題と選者
府県名 選者名 府県名 選者名
「 火 」 岡 山 大森風来子 北海道 斎藤 大雄
「 水 」 愛 知 加藤 翠谷 兵 庫 小松原爽介
「 木 」 新 潟 大野 風柳 大 阪 森中惠美子
「 金 」 大 阪 橘高 薫風 兵 庫 時実 新子
「 土 」 岡 山 寺尾 俊平 東 京 野谷 竹路

入選句
題 「 火 」  大森風来子 選
特   選 火はおんなおとこは終生火を守る 三 重 寺前みつる
準 特 選 火の言葉くれた人とは夢で逢う 愛 媛 忽那 道子
準 特 選 風に火をつける女の片えくぼ 長 野 柳橋スミヱ
題 「 火 」  斎藤 大雄 選
特   選 吹けば直ぐ燃える火種を抱いて冬 岡 山 小野真備雄
準 特 選 火の海を泳いだ乳房弥陀が棲む 大 分 野田 清博
準 特 選 神様も焚き火にあたる秋祭り 岡 山 神原日出夫
題 「 水 」  加藤 翠谷 選
特 選 水まくら母に甘えを許される 岡 山 中原ねえね
準特選 逃げ水を追う少年の澄んだ飢え 長 野 勝野みちお
準特選 臍の緒につながっている水の音 愛 知 山本 桜子
題 「 水 」  小松原爽介 選
特 選 水際で放つ科白は決めてある 福 岡 藤田きよし
準特選 相剋のやがてはじまる朝の水 兵 庫 井上 良子
準特選 口うつしの水でさよなら出来るなら 京 都 奥山 晴生
題 「 木 」  大野 風柳 選
特 選 木の泣いた分だけきっと泣かされる 高 知 滝本 星城
準特選 おとぎ話しよう大樹の陰へゆく 大 阪 鍋島 十歩
準特選 鉛筆になっていよいよ木の匂い 大 阪 酒井 一壺
題 「 木 」  森中惠美子 選
特 選 木の泣いた分だけきっと泣かされる 高 知 滝本 星城
準特選 木を伐って人が興じている刹那 長 崎 勝盛 青章
準特選 どの木だってまいにち手紙書いている 鳥 取 八木 千代
題 「 金 」  橘高 薫風 選
特 選 金婚の語らいそれは童話かも 山 梨 井上 静詩
準特選 金の色混ぜて人間狂い候 和歌山 北山 紀世
準特選 給料日夫の首も振り込まれ 神奈川 石井 正俊
題 「 金 」  時実 新子 選
特 選 盃に黄金の象遊ばせる 東 京 近江あきら
準特選 目出し帽金のありかを知っている 京 都 大城戸悠水
準特選 烏金で私の首を買い戻す 福 岡 鶴田タツヲ
題 「 土 」  寺尾 俊平 選
特 選 愛が戻ると土はふっくら種を抱く 福 岡 徳永百合子
準特選 軽音楽ひびく耕すときの土 鳥 取 八木 千代
準特選 ほんとうの土がわかる娘嫁に来る 青 森 坂本 雨山
題 「 土 」  野谷 竹路 選
特 選 土掘って掘って耶馬台国に着く 愛 知 山本 桜子
準特選 土の香が好きで貧しい村に住む 三 重 村林弥兵衛
準特選 土しかと踏む青空を見るために 三 重 奥野 誠二
▲このページのトップへ