第45回全日本川柳2022年富山大会の誌上大会移行について

令和4年3月23日   

全国の川柳愛好者様

第45回全日本川柳2022年富山大会   
実行委員長 富山県川柳協会会長 坂下 淸   

第45回全日本川柳2022年富山大会の誌上大会移行について(ご連絡)

春暖の候 ますますご清祥の事とお喜び申し上げます。  新型コロナウイルス等の爆発的感染のため、第45回全日本川柳2021年富山大会の開催がやむなく1年延期になり、今年こそはと思いきや感染者が微減傾向にありますが、現在約4万8千人の方の感染が報じられています。
 約5年前から開催に向けて、富山県川柳協会は会員一同が一丸となって取り組んで参りました。その間、全国の大会に会員が束になって参加しPR活動を、その様子は皆様ご存じのとおりです。その大会を断腸の思いで誌上大会に移行せざるを得ない悲しみを味わっています。参加者の命に関わる問題と捉えての決断であります。どうかこの苦悩をお察し頂きますようお願い致します。
 誌上句会に移行した後も、関係機関等との解約で生じる経費の精算等が残っています。更に、折角参加しようと準備を進め、急転回してご迷惑をお掛けすることになり、「何をしてるんだ」とのお叱りや、すでに払い込んだ「会場費等の返金を早く」との声も頂いています。その事実を大切に受け止めています。戦の進軍は勢いに乗りますが、引き揚げの「殿備え」は、気分の重い処理になります。どうかご賢察をお願い致します。引き続きの物心両面のご協力をお願い致します。
連絡問い合わせは富山県実行委員長までお願いいたします。

What's New!

▲このページのトップへ