第6回川柳文学賞受賞作品

正賞 『第三の男』阪本高士著
準賞 『イヤリング』山本希久子著

2013年6月8日、青森県・青森グランドホテルにて授賞式が行なわれ、平山繁夫選考委員をはじめ、多数の川柳家にお集まりいただき、賞状、盾と副賞10万円が、受賞された阪本高士氏に手渡されました。また、今回より導入された準賞を受賞された山本希久子氏には賞状、盾、副賞3万円が手渡されました。
第6回川柳文学賞は平成24年に発刊された句集のうち、申請のあった15冊を選考委員(久保田半蔵門・平山繁夫・雫石隆子・林えり子(作家))4名(敬称略)が選考しました。

総評 選考委員:平山繁夫

 全日本川柳協会主催の第六回川柳文学賞の選考が終わった。今回より準賞が導入され、未来への展望が整ったと言えるだろう。
 正賞は阪本高士氏の『第三の男』(新葉館出版刊)、準賞は山本希久子氏の『イヤリング』(美研アート刊)であった。
 『第三の男』を一位に推した久保田半蔵門氏は「現代川柳はイマジネーション[imagination]の時代で、その感性と進取性を見出す」と言い、三位に推した平山は「表現方法の巧緻と類推的な暗示の方法論」を指摘している。

阪本高士と山本希久子

受賞された阪本高士さん(左側)
と山本希久子さん(右側)

 準賞の『イヤリング』を二位に推した平山は「生活の意味を日常から掬い上げ、観念世界を拒否、感動そのものへ連結させた」と述べた。三位に推した雫石隆子氏は「日常を出ないものであったが、平均的な作品で安心感がある」と評価した。今回の作品は視覚的な表現を避け、人間の永遠性、高貴性を追求する高次な知性的空間が存在した。それは人間の全人格を表現した真実像と言えるかもしれない。

 次に惜しくも善戦した候補作品を挙げる。
 淡路 獏眠『鬱川柳』
 藤田 峰石『旅路六十年』
 田村ひろ子『夢のしっぽ』
 玉井たけし『片時雨』

 共選は各選者の一致は困難である。文芸は個性と感情の堆積を核とするものであるからであろう。
 石原慎太郎の芥川賞選考委員の辞意表明は、老いと若さの思想断裂、石川啄木の処女詩集『あこがれ』について三木露風の激賞に対し、日夏耿之介の反論に見るように、評価についての差異は、その難解さを表明している。

主な掲載作品『第三の男』

第三の男

平成24年3月25日発行
四六判ソフトカバー 236頁
新葉館出版
千二百円(税別)

・一冊の漫画と男街を出る       ・蝉しぐれ間違い電話二度かかる
・病院をにぎやかに出る秋時間     ・美しい男と法に触れたがる
・コスモスの首をはねてる待ちぼうけ  ・縁日の金魚と三年目を生きる
・村の鍛冶屋で戦争は十字架になった  ・一年ぶりに本が帰ってきた春日
・ふるさとを二つ持ってるペンネーム  ・いい話壊れて花火見ています
・弟がキラキラ横穴掘っている     ・神かくしの話が落ちている岬
・あじさいの淋しい彩と和解する    ・地下鉄の終点に咲く彼岸花
・素うどんを二つ夜逃げの話など    ・ゴミの島の向こうにアメリカが見える
・帰ってきた谺に紐がついている    ・夏の絵を食べてしまったキリギリス
・ダンボールのお家に住んでいるサンタ ・友だちの影を時々踏んでいる
・青いバラ一輪王様に背く       ・いろいろと都合があって黒になる
・暑いのでどっちに曲がろうかきゅうり ・七月の雲を掴んでいるクレーン
・夏まつり何かなくしてきたようだ   ・大丈夫ボク等は途中下車をした
・ビロードだった頃を想っている炎   ・大勢の前で短所を褒められる
・無駄なこと大好き猫を抱いている   ・折鶴が千羽いくさに参加する

主な掲載作品『イヤリング』

イヤリング

平成24年5月3日発行
B6判ハードカバー 203頁
美研アート

・妻でない母でない日のイヤリング  ・絵の中の母がだんだん小さくなり
・さくら咲く何も競わず羨まず    ・傷だらけの原発黒い息を吐く
・友達を数えて森へ来てしまう    ・泣く人がいる空はこんなに青いのに
・わたくしのカルテの冬が終らない  ・現役のままで桜は散りました
・ひと言が多くてひと言が足りぬ   ・政治不信へ遠吠えをするばかり
・がむしゃらに生きて加齢の波に濡れ ・桃に傷ゆっくり地球温暖化
・細い雨みんな味方でみんな敵    ・骨拾う箸には詫びることばかり
・雑念と雑用わたしに付きまとう   ・とりあえず磨いておこう明日の靴
・笑って笑って私の毒を吐きだそう  ・好きな本と好きな時間に好きな椅子
・雨やどりほどの仮の世生きている  ・残照のすてきな時間朱に染まる
・私の天 洗濯物がひるがえる     ・夏の出口でふっと昔の風に会う
・育ったら視野から消えた子の翼   ・踏まないで下さい袋出たばかり
・あきらめることばかりなり大根煮る ・底冷えの街で段差にけつまずく
・すりばちの底に家族という絆    ・積乱雲に囲まれながら生きている
・童心にかえると見える花の彩    ・てのひらののぞみこぼさぬよう走る

▲このページのトップへ