第4回全日本川柳岡山大会

会 場:岡山中央公民館 開 催:昭和55年 6月22日(日)
参加者:当日301名/事前485名

題と選者
事前課題 府県名 選者名 事前課題 府県名 選者名
「 芸 」 島 根 柴田 午朗 「 輪 」 東 京 渡邊 蓮夫
「 山 」 島 根 尼 緑之助
当日課題 府県名 選者名 当日課題 府県名 選者名
「時事雑詠」 新 潟 大野 風柳 「パ ン」 兵 庫 小松原爽介
「流 れ」 広 島 石原 伯峯 「なさけ」 岡 山 丸山弓削平

大賞選者

文部大臣奨励賞の選考は、各題最優秀句の中から
奥谷弘明・河村日満・菅生沼畔・山本芳伸・福田白影・奥田百虎・野村圭佑
多伊良天南・関水華・大森風来子・本田恵二朗・山田良行・藤島茶六・礒野いさむ
西尾栞の十五名(順不同)による無記名投票ののち上位二題の決選投票によって
決定しました。

入賞句
入 賞 句 府県名 雅 号
文部大臣奨励賞 昨日の皿に昨日が残るパンの耳 兵 庫 伊佐次無成
大  会  賞 うらぶれた芸も烈しき津軽三味 新 潟 粟田九十九
大  会  賞 定年が延びて首輪が重くなる 東 京 川むらせい柳
大  会  賞 もう秋だなと山頭火の山がある 大 阪 神社 優志
大  会  賞 標本の針アフガンは蝶になる 岡 山 丸山弓削平
大  会  賞 能面の下に阿修羅の血が流れ 鳥 取 佐伯 越子
大  会  賞 なさけの糸がつむぎきれないまま暮れる 岡 山 徳永  操
▲このページのトップへ