第10回全日本川柳大分大会

会 場:別府市鶴見園グランドホテル 開 催:昭和61年 6月 8日(日)
参加者:当日468名/事前912名

題と選者
事前課題 府県名 選者名 事前課題 府県名 選者名
「 島 」 静 岡 藤原時化緒 「勝 つ」 愛 媛 仲川たけし
「開 く」 大 分 内藤 凡柳
当日課題 府県名 選者名 当日課題 府県名 選者名
「茂 る」 和歌山 野村太茂津 「生きる」 東 京 黒田 高司
「 箸 」 北海道 斎藤 大雄 「 道 」 長 崎 池田 可宵

選考経過

大会作品の各題の受賞句(十四句)から日川協理事全員に最優秀句の推薦を依頼、
集計の結果一位句を文部大臣奨励賞とし、二位句を川柳大賞とした。

入賞句
入 賞 句 府県名 雅 号
文部大臣奨励賞 狂わずに生きて喜劇の中にいる 奈 良 玉利三重子
川 柳 大 賞 鉢巻をゆっくりほどく覇者の指 青 森 北野 岸柳
大  会  賞 島に娘はやらぬが嫁はほしい父母 愛 媛 宇都宮広二
大  会  賞 対の樹を茂らせておく父の墓 大 阪 米田 鉱平
大  会  賞 でこぼこ道古里なれば苦にならず 福 岡 宮川 艶子
大  会  賞 神秘の扉開きハレーが去っていく 大 分 尾花 白風
大  会  賞 花を泣き風を笑って父生きる 愛 媛 浪  乱丁
大  会  賞 運命に勝ち抜く強さ車椅子 大 分 坂本まさ子
大  会  賞 妻の知らぬ箸で女と食べている 宮 崎 間瀬田紋章
大  会  賞 島を去る老医に代り老医来る 山 口 三輪よしみ
大  会  賞 真心に触れると愛の樹が茂る 山 口 上杉 波路
大  会  賞 玉音は神風平和の御代が開け 大 分 山口都一郎
大  会  賞 凡夫凡婦の道に笑顔が落ちている 福 岡 松永 千秋
大  会  賞 箸でほじると茶碗の民話喋り出す 千 葉 西村 在我
▲このページのトップへ