第11回全日本川柳札幌大会

会 場:京王プラザホテル札幌 開 催:昭和62年 6月14日(日)
参加者:当日675名/事前1,624名

題と選者
事前課題 府県名 選者名 事前課題 府県名 選者名
「郷 愁」 福 島 高橋 巷風 「火 山」 千 葉 西村 在我
「 茶 」 岡 山 寺尾 俊平
当日課題 府県名 選者名 当日課題 府県名 選者名
「舞 う」 石 川 中谷 道子 「いのち」 大 阪 梶川雄次郎
「海 峡」 東 京 成田 孤舟 「 時 」 北海道 長澤としを

選考経過

大会作品の各題の受賞句(十四句)から日川協理事全員に最優秀句の推薦を依頼、
集計の結果一位句を文部大臣奨励賞とし、二位句を川柳大賞とした。

入賞句
入 賞 句 府県名 雅 号
文部大臣奨励賞 いい友を沢山もって茶がうまい 大 阪 森中惠美子
川 柳 大 賞 火の山になれよと父の肩車 東 京 吉川 義弘
大  会  賞 最後まで仮面を脱がぬ父の舞い 兵 庫 北山 青珠
大  会  賞 細工場の父には黙ってお茶をおく 北海道 高橋 吾朗
大  会  賞 仏さまといつもいのちのはなしする 大 阪 森中惠美子
大  会  賞 海峡の怒濤ナレーションは父だ 北海道 田村あすか
大  会  賞 先んじて火口を覗くのは女 京 都 大村美千子
大  会  賞 切り札を握り直しているチャンス 兵 庫 伊藤はつ子
大  会  賞 雪ひらりひらり百鬼を眠らせる 北海道 山内 多恵
大  会  賞 海峡の底を行き交うチンドン屋 北海道 浜本 美奈
大  会  賞 万象の芽吹きへ神の詩副える 北海道 宮下 初峰
大  会  賞 会っている時を温めている無口 神奈川 古賀 絹子
大  会  賞 郷愁よゆっくり桃の皮を剥く 大 阪 米田 鉱平
▲このページのトップへ