第16回全日本川柳和歌山大会

会 場:和歌山県民文化会館 開 催:平成 4年 6月14日(日)
参加者:当日747名/事前1,509名

題と選者
事前課題 府県名 選者名 事前課題 府県名 選者名
「はるかに」 北海道 塩見 一釜 「 陽 」 東 京 竹本瓢太郎
「 城 」 大 阪 西尾  栞
当日課題 府県名 選者名 当日課題 府県名 選者名
「 砂 」 和歌山 北山 紀世 「和 む」 鳥 取 小林由多香
「 宴 」 兵 庫 卜部 晴美 「加 減」 群 馬 荻原 柳絮

選考経過

大会作品の各題の受賞句(十四句)から日川協理事全員に最優秀句の推薦を依頼、
集計の結果一位句を文部大臣奨励賞とし、二位句を川柳大賞とした。

入賞句
入 賞 句 府県名 雅 号
文部大臣奨励賞 耕してこの地の温む陽を愛す 埼 玉 岡部 暖窓
川 柳 大 賞 定位置に母居るだけで輪が和む 和歌山 堀端 三男
大  会  賞 さくらはらはら今日がはるかな過去になる 福 島 玉木 柳子
大  会  賞 春雷をはるかに聞いてひとりきり 和歌山 長岡 笑子
大  会  賞 太陽に唾をかけている驕り 兵 庫 原田 北涯
大  会  賞 ころし文句におんなの城は落とされぬ 和歌山 内田 結実
大  会  賞 城主末裔税務係に籍を置く 岐 阜 大久保卓次
大  会  賞 逆転がはじまっている砂時計 岡 山 寺尾 俊平
大  会  賞 砂嵐止んだわたしも旅に出る 大 阪 河内 月子
大  会  賞 晩酌の父頂点にして和む 愛 媛 月原 宵明
大  会  賞 ピリオドを拾う宴の真ん中で 兵 庫 田中 万里
大  会  賞 面子とはつまらぬものよ花の宴 兵 庫 小松原爽介
大  会  賞 無器用に生きて手加減などしない 和歌山 古久保和子
大  会  賞 先頭を走り加減を見失う 兵 庫 山本ひさゑ
▲このページのトップへ