第19回全日本川柳長野大会

会 場:長野県文化会館 開 催:平成 7年 6月11日(日)
参加者:当日560名/事前1,497名

題と選者
事前課題 府県名 選者名 事前課題 府県名 選者名
「 群 」 青 森 西山 金悦 「刻 む」 長 野 矢島 破酔
「順 番」 熊 本 吉岡 茂緒
当日課題 府県名 選者名 当日課題 府県名 選者名
「政 治」 大 阪 田中 正坊 「 掌 」 三 重 木野由紀子
「歩 く」 埼 玉 須田 尚美 「充 電」 千 葉 今川 乱魚

選考経過

大会作品の各題の受賞句(十四句)から日川協幹事全員に最優秀句の推薦を依頼、
集計の結果一位句を文部大臣奨励賞とし、二位句を川柳大賞とした。

入賞句
入 賞 句 府県名 雅 号
文部大臣奨励賞 群衆が本音を吐いて山動く 愛 知 村上 貞穂
川 柳 大 賞 父の名はいちばん太い字で刻む 富 山 辻本 俊夫
大  会  賞 点滴のうつらうつらと朱鷺の群れ 長 野 いとう 岬
大  会  賞 海の契り島は祈りの刻をもち 大 阪 辻  香豊
大  会  賞 順番が来るまで地図は閉じておく 山 口 田邊千坊子
大  会  賞 順番に食べて働く大家族 長 崎 平井 夏子
大  会  賞 一匹の羊を政治救えない 千 葉 福島 久子
大  会  賞 太陽のような政治を待ってます 新 潟 南木  茂
大  会  賞 掌に握ろう新しい童話 東 京 近江あきら
大  会  賞 掌に雪積む如く青磁抱く 東 京 伊藤 正紀
大  会  賞 明日を練る机に象を歩かせる 東 京 近江あきら
大  会  賞 人間臭いセリフが言えるまで歩く 愛 知 青木 晴嵐
大  会  賞 前略御免いま充電の旅の中 大 阪 住田英比古
大  会  賞 充電の途中ときどき目をあける 北海道 岩間 トキ
▲このページのトップへ