第10回 国民文化祭とちぎ'95 ~詩歌の香りを栃木から~

会 場:栃木会館小ホール  開 催:平成 7年10月29日(日)
参加者:2,328名

題と選者
事前課題 府県名 選者名 事前課題 府県名 選者名
「やさしい」 兵 庫 去来川巨城 「 森 」 大 阪 橘高 薫風
「学 校」 神奈川 鈴木柳太郎 「女 流」 大 阪 田頭 良子
「街 道」 北海道 錦  俊坊 「自 然」 千 葉 西村 在我
「 猿 」 東 京 野谷 竹路 「奥の奥」 熊 本 吉岡 龍城
当日課題 府県名 選者名 当日課題 府県名 選者名
「高 原」 静 岡 秋山 静舟 「トップ」 茨 城 植木 利衛
「地 酒」 埼 玉 山崎 凉史 「黒 髪」 栃 木 横地 霧靜

二次選者
府県名 選者名 府県名 選者名 府県名 選者名
大 阪 礒野いさむ 栃 木 川俣 喜猿 愛 媛 仲川たけし
東 京 尾藤 三柳 鳥 取 八木 千代

入賞句
入 賞 句 府県名 雅 号
文部大臣奨励賞 ことさらに黒髪へ雪降りたがり 栃 木 五百部長洋
国民文化祭
実行委員会会長賞
陽は真うえ卑弥呼に戻る世も近し 三 重 小河 柳女
栃木県知事賞 樹が神にならなくなって森が死ぬ 静 岡 吉村小名樹
第10回国民文化祭
栃木県実行委員会会長賞
二十一世紀の棚にも源氏物語 鳥 取 野坂 なみ
栃木県教育委員会
教育長賞
象の目にいくさ嫌いが寄ってくる 栃 木 町井 葉月
字都宮市長賞 エンピツの木の香私のちさい森 神奈川 青柳おぐり
宇都宮市教育委員会
教育長賞
一冊の校史となってダムの底 愛 媛 山之内さち枝
社団法人
全日本川柳協会会長賞
頂上に割れた仮面が落ちている 富 山 小嶋 句月
栃木県川柳協会会長賞 黒髪はいいね日本て気がするよ 栃 木 中山さざえ
▲このページのトップへ